ニューボーンフォト講座

Newbornphotographer
= Mamaphotographer + Newborn + photo
ママフォトグラファーだから撮れる
“新生児のポートレート”を撮影するスキルを学ぶ

MPAのニューボーンフォト講座とは、RTAのおくるみタッチケア講座のノウハウをベースに、
ママフォトグラファーだから撮れる新生児期のポートレート撮影技術をマスターする講座です。

安心・安全に配慮したオンリーワンの
特別なニューボーンフォト

ニューボーンフォト グラファーとは、ママフォトグラファーだから撮れるNewbornphotoをコンセプトにしています。新生児期というママも赤ちゃんもとてもデリケートな時期に安心・安全の中で撮影するお一組お一組の親子さまに寄り添ったMPAがオリジナルのニューボーンフォトです。赤ちゃんの身体に負担をかけない、ママの気持ちにも負担をかけない28日間限定のスペシャルな人生初のポートレートとなることでしょう。

どこが違うの?
MPAのニューボーンフォト

一般的なニューボーンフォト

  • 赤ちゃんに負担がかかる姿勢?
  • どの赤ちゃんも同じセットの中での撮影?
  • 4~5時間の長時間撮影?
  • スタッフが数名訪問しての撮影?
  • 赤ちゃんを眠らせてからのの撮影?
  • ママから赤ちゃんをお預かりして離れ離れの撮影?

MPAのニューボーンフォト

  • 赤ちゃんが安心する姿勢、安全な体勢
  • 赤ちゃんの個性を引き出すセッティングでの撮影
  • 2時間程度の撮影時間
  • ママでもあるママフォトグラファーが単身で訪問しての撮影
  • 眠っていても起きていてもありのままを撮影
  • ママと赤ちゃんとフォトグラファーと作るお写真
  • コミュニケーションを大切に撮影時間も大切な思い出に

ママになる楽しみや
ママになった喜びにも実感できる
新生児のポートレート

妊娠中にどんな出産を希望するか?産後どんな育児をするのか?考えるバースプランにニューボーンフォトを取り入れることで出産を前向きに捉えられるようになったり産後の楽しみにもなります。また、産後、ママフォトグラファーとコミュニケーションをとりながら出産を振り返りながら新生児期を写真に残すことでママは今の自分を肯定的に受け止めこれからの育児への期待や希望となりバースレビューとしての役割も果たすと考えています。

現役ママが教える
ニューボーンフォト講座

ミラーレスカメラの小型化、高性能化で、カメラの難しい知識がなくても誰でも素晴らしい写真が撮影できる時代となりました。ニューボーンフォト講座では、ポートレートの撮影技術と撮影に必須となるコミュニケーションスキルを学びます。
ニューボーンフォト講座では、新生児期の赤ちゃんのポートレートを撮影する技術を学びます。

ポートレートを撮る上で最も重要なのはコミュニケーション。単なる撮影技術を習得するだけでは、赤ちゃんやママとコミュニケーションを取りながらのポートレート撮影はできません。RTAではマタニティー期、ベビー期、キッズ期のコミュニケーション教室を開催するノウハウを長年にわたり蓄積してきました。そのノウハウを活かし、妊娠・出産・子育て中の現役ママでもあることも最大限に活かしながらニューボンフォト講座では、新生児期の赤ちゃんのポートレートを撮影するためのスキルと、ニューボーンフォトを撮影するためのコミュニケーションについて深く学びます。

ポートレートの肝は
コミュニケーション

ポートレートはコミュニケーションを基とした共同創作となります。ママと赤ちゃんときちんと寄り添いながら“作品を共に創る技術”を習得していただきます。

  • MPA Newbornphoto

ニューボーンフォト講座概要

受講時間 10時間
カリキュラム概要 ニューボーンフォトとは、ニューボーンフォト撮影技術、妊娠・出産・産後と新生児の身体、 MPA ニューボンフォトの撮影技術、MPAニューボーンフォトの撮影実践、ケーススタディー・卒業制作指導
教材 テキスト、各種帳票、おくるみ
受講資格 どなたでも受講スタートできます(一般の方も可能)
カメラ機材について 原則、レンズ交換ができるミラーレス一眼カメラを使用します。推奨機材は、受講を検討中の方に最新の情報を提供いたします。なお、カメラ他撮影機材は教材費には含まれておりませんので、受講者にてご用意いただきます。
受講料金 165,000円(税込)
ニューボーンフォト認定試験料金 33,000円(税込)
ニューボーンフォトグラファーになるとできること
  • MPA認定ニューボーンフォト グラファーとして活動し、ニューボーンフォトを妊婦に提供できるようになります。
  • ニューボーンフォトの作品をお客様に納品し撮影収入を得ることができるようになります。
  • フォトグラファーとしての活動の場が広がります。